ABOUT  RECIPE

   
   

        食べるの大好き 作るの大好きなしろうとガーデナーの簡単レシピです。

 
                 
   

   
           
           
     我が家はことある毎に、友人達を招いて食事会をします。
最近は、しっかり下ごしらえをしていると調理が簡単にできる
イタリアンが多くなりました。
 調理に時間と手間がかからないので、料理を囲みみんなと
おしゃべりしながら食事が楽しめます。

 
 
    タイトルどおり おおよその分量です(笑)
味付けなど細かく気にしないで
あなた流で作ってみてくださいネ♪
 
         
         
                 
        お客様は、何時の時もマイガーデンの花でおむかえします      
                 
                 
                 
  サーモンのマリネ          
                 
 

       
材料

 サーモン(刺身用)150g
 玉葱  大1個
 味酢(作り方下記)
 黒コショウ
 
 
                 
   
玉葱を半分に割り、輪に薄くスライスする(玉葱を水にさらさない)
サーモンも薄く切る
タッパーに玉葱をしき上にサーモンを並べまた、玉葱を載せ味酢をかける
塩、コショウで味を調え冷蔵庫で半日〜1日おいてからどうぞ〜

玉葱からたくさんの水が出るので味酢は材料の半分くらい
  浸かるほどでよい。
 
     
                 
                 
           
  バジルペースト(ペスト・ジェノベーゼ)        
                 
    我が家では、たくさんのペーストを作り1年分を冷凍庫で保存します。
パスタはモチロン鶏肉のグリルやゆでたジャガ芋を和えたりピザソースにしたり
パンに塗ってカナッペ等々いろ〜んなお料理に重宝してます。
   
                 
 

 バジル80g 松の実30g ニンニク1〜2片
 EVオリーブオイル100cc~ 塩 コショウ

 粗みじんにした材料を手早くミキサー&
 フードプロセッサーかミルにかける。
 (空気に触れると色がわるくなるので手早く!)

 材料は目安です 機械が回らないときはオイルを
 足してください(多めの方がつくりやすい)
 チーズは入れないで調理の段階で入れる方が
 お勧めです。
   
                 
             
                 
                 
  ジェノベーゼ        
                 
 

材料 1人分

パスタ 80g
ジャガ芋(2a角切り) 30g
インゲン(3切り) 3本
バジルペースト 大さじ1
オリーブオイル 少々
バジル(飾り用)
パルメザンチーズ 大さじ1〜2
   
                 
     
作り方
 @パスタと一緒に切ったジャガ芋をゆで インゲンもゆで上がる少し前に入れる。

 A薄くオリーブオイルを塗ったフライパンにバジルペーストを加え、茹で上がった@も入れて
 軽く火を通す。この後パルメザンチーズを加え混ぜる。皿に載せて どうぞ〜

 ※バジルペーストをからめるだけだとバジルの青臭さが気になります。
  そこで色は少し悪くなりますが 火を通すことで青臭さが気にならなくなるので
  我が家では火を通しています。また、チーズは火を止めてから入れることで
  フライパンにくっつかなくパスタになじみます。
 
   
                 
                 
                 
  エビと夏野菜のパスタ        
         
 

   
 
材料 1人分
 パスタ1.6o・・90g  
 エビ・・5尾  
 トマト小・・1個
 なすび・・1/3本  
 バジル・・3〜5枚
 オリーブオイル  
 味酢(作り方は下記)
 塩・胡椒
 ニンニク
 
 
                 
   
  作り方

  @トマトは皮をむき(熱湯にくぐらせる)種をとり除く。

  Aボールに乱切りした@とバジルをいれ適量の味酢をかけ1時間ほど冷蔵庫におく。
  (前日漬け込みなら さらに美味しくなる)

  Bエビは背わたをとり 背をひらきして塩胡椒をし小麦粉をまぶしておく。

  Cなすびは1aの輪切りにしておく。

  Dフライパンにオリーブオイル、スライスしたニンニクをいれて弱火にかけ香りが出ると
   Bのエビを加え焼けるとAのボールに入れる。 

  EなすびもDと同じように焼き、トマトのボールに入れる。
  (フライパンに水を少し足し蓋をして焼くとオイルが少なくてすむ)

  F湯がいたパスタを具材の入ったボールに入れオリーブオイルを一回し、塩胡椒で調味し
   バジルをチラシてどうぞ〜
   (トマトからの水分が多く出るので パスタはよく湯きりをする)

 ★ボールの中の具材の調理は早めにしておくと食べる前に和えるだけででOK
  又、夏は冷製パスタにしても〜
 ズッキーニやパプリカを足したり 、ホタテ貝柱を使ってもおいしいですよ
 

   
                 
                 
                 
  味酢(合わせ酢)        
   
材料 作り方

 酢 500ml 砂糖200g強 塩30g 昆布10a角1枚、材料全部を瓶に入れ
 冷暗所で10日ほど寝かす
 昆布を取り出して サラダ、酢の物 お寿司などに利用してください。
 
 甘さ控えめです。利用の時お好みで砂糖を足して下さい
   料理により、酢がきついときは出汁で割って利用下さい。
 
   
                 
                 
                 
  カルボナーラ          
                 
 

 
 材料 1人分

 卵 1個 (卵黄1個足してもいい)
 生クリーム 大さじ2
 ベーコン 20g(パンチェッタ)
 パルメザンチーズ 大さじ2
 塩 黒コショウ 適量
 オリーブオイル 大さじ1
 パスタ 80g
 白ワイン 適量

 
     
                 
     
作り方
 @卵と生クリームにパルメザンチーズを加えて混ぜ合わせる。
 
 Aフライパンにベーコン、オリーブオイル を入れ弱火でじゅっくり炒める 
  ベーコンからの油をペーパーで半分を拭き取り ワインをいれアルコールをとばす。
 
 BAに茹でたパスタを加えて塩コショウをして調味し、よく混ぜ合わせて味をなじます。
 
 CBに火を止めてから@の卵のクリームを加えてよく混ぜ合わせる。
 
 D皿に載せ黒あらびきコショウ、タップリのパルメザンチーズをかけて どうぞ〜
 
 混ざりにくい時はパスタのゆで汁を加えソースをのばし混ぜるといい。
  火にかけすぎると卵が固まってパサパサになるので注意

 
   
                 
   

   
                 
   

TOPへ    レシピ2へ      お菓子レシピへ