真っ赤なジニアの庭

     
                 
       
       



10a程の小さい絵に 
麻紙 岩絵の具

     
     

焼き付くような日差しには赤い花が良く合いますね
私が小さかった頃(遙か!)から百日草という名でお馴染みの花です
百日草は、珍しくもなく長く咲き続ける(名のごとく)し、お盆の花というイメージがあり余り好きではありませんでしたが 
フランスの各地で、銅葉の真っ赤なカンナ、深紅のジニアに 銅葉のダリアそしてミレットやグラス類が混植されているのを なんて派手な取り合わせだろう  と見ていたのですが 
滞在も長くなると、どうしたことでしょう!!夏の花壇はこうででなくっちゃ!!
マイガーデンの一角は、おフランスしています(笑)

     
     

     
     

出迎えてくれたジニアが咲く樽にパープルバジル・銅葉ダリア・ハゲイトウ・銅葉イポメアなどを植え込みました。2008,7,15

帰国一ヶ月経ちミレットは穂を出し ひも鶏頭ははなを咲かせ始め 
ジニアもたくさんの花を付けています。8月7日

     

 

 

 

 

 

駐車スペース横には銅葉オオバコ、ダリア、ルドベキアなどと