海老原淳子Website

          ツイート

profile

vocalist and pianict Junko Ebihara
Photo By Hisashi Itoh

え び はら   じゅんこ
海老原 淳子

ヴォーカル・ピアノ・作詞・作曲・編曲
6月9日生まれ。双子座。A型。
栃木県足利市出身。
日本大学文理学部英文学科卒業。
4歳からオルガンを習い始め12歳でビクトロンコンクールジュニア部門全国大会で優勝。この頃から早くもデモンストレーション演奏を行う。中学時代はコーラス部に属しながらフォークバンドでギターを、高校時代は演劇部に属するかたわらロックバンドでキーボードやコーラスを担当する。
大学在学中アニタ・オデイを聴いてジャズに目覚め、その後デキシーランドジャズのピアニストとしてデビュー。この頃、花岡詠二(cl)氏に見出され以前から好きだった唄を本格的に始める。故薗田憲一(tb)とデキシーキングス花岡詠ニ(cl)とスイング四重奏団、中川喜弘(tp)とデキシーデックスなどベテラン陣との共演を重ねると同時に、都内を中心に弾き語りをを始め自分のスタイルを築いていく。同時に作曲や編曲にも力を入れ始め作編曲家である故宮川泰氏にも持ち前のガッツを認められる。
1990年単身ニューヨークに渡り、ルー・ドナルドソン(as)やハーマン・フォスター(p)らと共演しマンハッタン各地で好評を得る。帰国後も主に都内のホテルのラウンジやライブハウスなどを中心に積極的に活動。
小柄な身体から発するパワフルでパンチの効いた歌声、多くの人の心を捕らえてやまない個性的なハスキーヴォイス、その歌い口や歌いまわしはストレートに心に響く。またジャジーでポップかつファンキーなピアノにも定評があり、ジャンルを超えて歌いこなすその歌唱力、幅広いレパートリィー、歌のみならずオチャメでジョークの効いた話術などに魅了されているファンも多い。
2005年9月、SOHOにある『The Studio』にて、世界的にも著名なジャズギタリストであり音楽プロデューサーでもある“世界のマスオ”こと増尾好秋(g)氏のプロデュースで初のレコーディング。メンバーは Sonny Rollins のバンドに約10年在籍した事や Liza Minnelli のサポートミュージシャンとしても有名な、Mark Soskin (p/key)、David Liebman Group の現在のメンバーであるリズムセクションの Tony Marino (b)、Marko Marcinko (ds) の2人、ゲストに中村誠一氏(ts)と豪華。初のリーダアルバム“Without You”(Sunshine Ave. Label ¥2000)はプロデューサーである増尾好秋(g)氏の『Sunshine Ave. Label』より2008年5月にリリース。レコーディングが縁となり増尾好秋(g)氏の帰国時に共演を重ねる。
2010年で歌手生活25周年を迎えるにあたり、故郷の栃木県足利市を中心に栃木県内外の福祉施設への慰問演奏や小中学校でのコンサートや地域のイヴェントに協力。併せて25箇所を訪問し演奏してきた。この活動はライフワークとして健康である限り継続していきたいと考えている。
2011年3月 2nd CD“I Wish〜私の願い”(Sunshine Ave. Label¥2000)を発表。発売日から(予定を延長し)9月末日まで CD“I Wish 〜私の願い”の売り上げの20%を日本赤十字を通して被災地に義援金として送ってきた。25周年記念コンサートは足利市民プラザ文化ホールで2011年9月19日(祝月)に催され、大盛況のうちに終演した。共演者は増尾好秋(g)、羽仁知治(p/key)、グレッグ・リー(eb)、高橋幹夫(ds)と豪華メンバー。義援金合計額は¥201,452。当初の目標額だった20万円に達した。
増尾好秋氏のバンド“Power Spot(2012〜2015)”、“MAGATAMA(2016〜)”にはスペシャルゲストとして参加。氏の楽曲にも自ら日本語の歌詞を付けて唄っている。
2015年7月 3rd CD の録音をアメリカペンシルベニアにある柿の木スタジオにて収録。


© Junko Ebihara. All rights reserved.

▲Top of this page

びはらじゅんこ, エビハラジュンコ