平成淀川花火大会

2005年8月6日

淀川の夜を彩る花火大会は、平成になってから始まりましたが、例年50万人ほどの人で賑わい、すっかり大阪の夏の風物詩として定着しました。

14回目の今年のテーマは、「がんばりまっせ!浪花の花火ここにあり!」。水都・大阪にちなむ青い花火や、好調タイガースのマークの花火など、500種類以上2万発の花火が打ち上げられました。

そしてクライマックスは、名物の「空中ナイアガラ」。40秒間に約6,000発というド迫力で、盛り上がりました。


次の「スタート」をクリックすると、スライドショーが始まります。


スタート