ひめゆりの塔


ひめゆりの塔の記

 昭和二十年 三月二十四日島尻郡玉城村港川方面へ米軍の艦砲射撃が始まった。沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等女学校の職員生徒二百九十七名は、軍命によって看護要員としてただちに南風原陸軍病院の勤務についた。 
   
 戦闘がはげしくなるにつれて、前線から運ばれる負傷兵の数は激増し病院の壕はたちまち超満員になり、南風原村一日橋・玉城村糸数にも分室が設けられた。看護婦・生徒たちは夜昼となく力のかぎりをつくして傷病兵の看護をつづけた。

 日本軍の首里撤退もせまった五月二十五日の夜南風原陸軍病院は重傷患者は壕に残し歩ける患者だけをつれて、手を引き肩をかし砲弾をくぐり、包帯をちぎって道しるべとしてここ摩文仁村に移動した。

 南にくだった後は病院は本部・第一外科・糸数分室・第二外科・第三外科に分かれて業務を続けた。第三外科は現在のひめゆりの塔の壕にあった。

 六月十八日いよいよ米軍がま近にせまり、看護隊は陸軍病院から解散を命ぜられた。翌十九日第三外科の壕は敵襲を受けガス弾を投げ込まれ地獄絵図と化し、奇跡的に生き残った五名をのぞき職員生徒四十名は岩に枕を並べた。軍医・兵・看護婦・炊事婦等二十九名、民間人六名も運命をともにした。その他の壕にいた職員生徒たちは壕脱出後弾雨の中をさまよい沖縄最南端の断崖に追い詰められて多く消息をたった。南風原陸軍病院に勤務した看護要員の全生徒の三分の二がこうして最期をとげたのである。
              
戦争がすんで二人の娘の行方をたずねていた金城和信夫妻によって第三外科壕がさがしあてられた。真和志村民の協力により昭和二十年四月 七日最初のひめゆりの塔が建ち、次第に整備された。ここに沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等女学校の職員十六名、生徒二百八名の戦没者を合祀して白百合のかおりをほこったみ霊の心をうけ、平和の原点とする。

乙女らは涙と血とを流してえた体験を地下に埋めたくないと平和へのさけびを岩肌に刻みながらついに永遠に黙した。


上の文章は、ひめゆりの塔の入り口ににある石碑に刻まれているものです。

 
数ある戦跡の中でも、もっとも人気のあるのがここ「ひめゆりの塔」です。「スリに注意」の看板が出ていたのには驚きました


口を開けたガマのちょうど真上に、犠牲者の名を刻んだ慰霊碑があります。その右の小さな碑が、「ひめゆりの塔」



ひめゆり平和祈念資料館 (入場料、大人・300円)


ひめゆり平和祈念資料館は、1989年6月、財団法人沖縄県女師・一高女ひめゆり同窓会によって建設されました。その設立の趣旨について、パンフレットに次のように書かれています。

米軍は沖縄戦を日本本土攻略の拠点を確保する最重要作戦と位置づけ、物量のある限りを使い、対する日本軍は米軍の日本本土上陸を一日でも遅らせるために壕に潜んでの防衛・持久作戦をとりました。沖縄を守備するため、軍は県民の根こそぎ動員を企てると同時に、学徒隊を編成して生徒たちの戦場動員を強行しました。持久作戦、根こそぎ動員は、12万人余にのぼる沖縄住民の犠牲をうみました。

あれから40年以上たちましたが、戦場の惨状は、私たちの脳裏を離れません。私たちに何の疑念も抱かせず、むしろ積極的に戦場に向かわせたあの時代の教育の恐ろしさを忘れていません。

戦争を知らない世代が人口の過半数を超え、未だ紛争の絶えない国内・国際情勢を思うにつけ、私たちは一人ひとりの体験した戦争の恐ろしさを語り継いでいく必要があると痛感せざるをえません。

平和であることの大切さを訴え続けることこそ亡くなった学友・教師の鎮魂と信じ、私たちはこの地にひめゆり平和祈念資料館を建設いたしました。当館の設立にあたっては、県内外の多くの方々のご厚意とご協力を賜わりました。深く感謝いたします。


一昨年8月、館長の本村つるさんも「私たちが資料館を建設したのは、学徒を軍国美談にする風潮を憂えたから」と述べておられます。そして展示には、沖縄戦に到る経過が、おおよそ次のように書かれていました。

1931年の満州事変以後、日本は中国を侵略した。そしてアジア侵出を企図していたアメリカと利害が衝突し、戦争するに到った。1945年2月、近衛文麿元首相は、敗戦は必至として戦争終結を天皇に進言したが入れられず、その結果、沖縄は「国体護持」のための「捨て石」とされた。

病院壕を再現したジオラマの前で、生き残りの証言員の方が、「米軍に追われて逃げる時、歩けない負傷兵は後でトラックで運ぶからと説明されたので、私たちは彼らを残して逃げましたが、実は青酸カリを混ぜたミルクで殺されていたのです」などと説明をされていたのが耳に残っています。


ひめゆり平和祈念資料館のホームページ