■solarisのネットワーク設定ファイル        
以下solarisのネットワーク設定ファイルを示します
solarisはネットワーク設定を変更するに当たり設定ファイルを編集する必要があります
設定の反映に再起動を要するネットワークファイル      
※ifconfig hme0 downした後にifcconfig hme0 up することで設定反映も可能です
※solarisのhostsファイルは/etc/inet配下にありますが/etc配下のhostsはリンクです
・ホスト名を設定する          
/etc/nodename 記述方: 一行でhost名を記載
#vi /etc/nodename
solaris
※/etc/hostaname.NIC名との違い
/etc/hostaname.hme0や/etc/hostname.iprb0といったファイルがあります。これにも
host名が記載されています。/etc/nodenameはhostnameコマンドで表示されるホスト自身の
名前になります。/etc/hostaname.NIC名にも一行だけホスト名を書き込みますがこれは
NICを認識させるときに使用するファイルになります。設定する場合は/etc/hostsと対になります
/etc/hostaname.hme0にホスト名を設定する場合
/etc/hostsにsolaris-hme0 IPアドレス を記載
/etc/hostaname.hme0 にsolaris-hme0を記載
ifconfig -aすると設定したhostaname.hme0が表示されるようになります
本来NICを認識したときにデフォルトで記載されるのであまりさわることはないと思います
・ドメイン名を設定する          
/etc/defaultdomain 記述方: 一行でドメイン名を記載
#vi /etc/defaultdomain
solaris.com
自分が所属するドメイン名を記載してください
・ゲートウェイを設定する          
/etc/defaultrouter 記述方: 一行でゲートウェイのIPアドレスを記載
#vi /etc/defaultrouter
192.168.1.254
デフォルトのゲートウェイを設定します。ゲートウェイは基本的に自動認識されるので設定を
行わなくともよい場合もあります。
デフォルトゲートウェイ以外にルーティングを設定したい場合、/etc/rc2.d/S69inetにrouteコマンドで
追記する方法が取られます。再起動時に読み取られるファイルにrouteコマンドでスタティックを
設定ができるならどのファイルでもかまいません。なぜこのような設定をするかというと
コンソールからrouteコマンドでルーティングを設定しても再起動すると消えてしまうからです
#route add host ルーティングしたいIPアドレス ルーティングしたいIPの投げ先GW
・サブネットマスクの設定          
/etc/netmask 記述方: ネットワークアドレスとサブネットを並べて記載
#vi /etc/netmask
192.168.1.0  255.255.255.0
・名前解決の設定          
 /etc/resolv.conf 記述方: 以下のように記載されています
#vi /etc/resolv.conf
domain          hoge.com solaris.com
nameserver      192.168.0.100
・名前解決の順番を決定する        
/etc/nsswitch.conf 記述方: 以下の確認をお願いします
#はコメントです。以下を見るとhostsの欄をみると1番にfilesとなっています。これはhostsファイルを
表しています。次にdnsとなっているのでhostsファイルで名前解決を試みたあとに、dnsでの名前
解決を行う設定になっています。1番にdnsで名前解決したい場合はfilesとdnsを入れ替えます。
/etc/nsswitch.confは内容をみての通り名前解決だけでなく様々な場所で使用されています。
〜以下ファイル内容〜
# /etc/nsswitch.files:
#
# An example file that could be copied over to /etc/nsswitch.conf; it
# does not use any naming service.
#
# "hosts:" and "services:" in this file are used only if the
# /etc/netconfig file has a "-" for nametoaddr_libs of "inet" transports.
passwd:     files
group:      files
hosts:      files dns
設定の反映に再起動を要しないネットワークファイル    
・hostsによる名前解決          
/etc/hosts 記述方: ホスト名 IPアドレスで記載します
#vi /etc/hosts
solaris  192.168.1.201
           
前のページへ戻る